『南京!南京!』上映会 趣意書

南京・史実を守る映画祭

2009年12月13日、私たちは「南京・史実を守る映画祭」と題し、南京大虐殺を扱った映画作品の上映会を行いました。南京大虐殺が起きて80年の節目の年に、世界的には多くの映画作品が作られまたが、残念なことに日本での上映はほんど実現されませんでした。

『YASUKUNI』『ザ・コーブ』にみるように、日本には未だ表現の自由に対する攻撃が存在します。南京大虐殺というテーマはその最たるもので、一般の配給会社が尻込みをするのもやむ得ないことだったのかもしれません。待てど暮らせど一向に公開されない、ならば我々の手で上映してしまおう、ということでスタートした企画でした。

いくつもあった上映候補の中より、『Nanking』『アイリス・チャン』『南京・引き裂かれた記憶』『チルドレン・オブ・ファンシー』という4本の映画を上映しました。一日に4本の映画上映、その間にシンポジュウムを行うという強行スケジュールならがら、約900名(延べ)という大勢の方に参加していただき、ひとまずの成功を収めたと自負しています。

 

陸川監督「南京!南京!」

ところで、2009年の映画祭では、どうしても上映したい映画がありました。それは、陸川監督『南京!南京!』です。陸川監督は、2004年の『ココシリ』でアジア各地の映画賞を多数受賞するなど、中国映画界では大きな注目を受けている映画監督です。その陸川監督が、南京大虐殺をテーマに映画を製作するということで、『南京!南京!』は製作当初より、中国では勿論のこと日本でも話題となっていました。

 

再び「南京!南京!」

映画祭が終わって一年が経とうかという2010年10月、私たちは仲介の方を介して、陸川監督に意向を打診してみました。その結果、陸川監督は、どうしても日本で上映をしたい、という強い希望を抱いているということです。

私たちはすぐさま陸川監督と交渉を開始し、日本での『南京!南京!』上映を実現させるために協力をすることで合意しました。現在、着々とこの計画は進行しています。

 

「南京!南京!」上映の意義

①    南京大虐殺の事実を知ってもらう……陸川監督は中国を代表する映画監督であり、『南京!南京!』は国際映画祭で最優秀作品賞を受賞するなど、注目度も世評も高い作品です。この映画を上映することで、普段、歴史認識や南京事件に関心を持たない層に対しても、知ってもらうこことができるまたとない機会となります。

②タブーを打破する   南京大虐殺や従軍慰安婦問題は右翼の攻撃対象となりやすく、マスコミではタブー視される風潮があります。敢えて『南京!南京!』という注目される映画の上映することで、このような風潮を打破したいと思います。

③メディアウォール   『YASUKUNI』や『ザ・コーブ』では右翼の攻撃を受けて、上映中止問題に発展しました。しかし、マスコミに取り上げられ、広く議論を巻き起こすこととなり、上映が可能となったばかりか、集客宣伝の一助ともなったようです。

ところが、南京大虐殺の映画に関しては、そもそも上映されることもなく、その情報がマスコミに取り上げられることもほとんどありません。日本は南京大虐殺の一方の当事者であり、この問題が世界的に取り上げられているにも関わらずです。

情報を伝えるべきメディアが壁を作り、その存在さえも知らされることがない。南京大虐殺問題は、このようなメディアの壁=メディアウォールの問題とも繋がるものです。世評の高い作品を上映することでメディアウォールを突破すると共に、メディアウォールについても考えていきたいと思います。

 

上映実施要綱

【日時】 2011年8月21日 午後12時より

【場所】 中野ゼロ 小ホール(550席)

【上映スケジュール】

12:30~開会・挨拶

12:35~第1回上映開始

15:00~上映終了・シンポ開始

16:00~シンポ終了・休憩

16:15~開場

16:45~挨拶

16:50~第2回上映開始

19:10~閉会・片づけ

20:00   終了

 

【上映時間】
133分

【チケット】

第1回上映(映画+シンポ) 前売り1500円・当日1800円
第2回上映(映画上映のみ) 前売り1300円・当日1500円
以上

2011年3月31

南京・史実を守る映画祭実行委員会


 


© Copyright 史実を守る映画祭2011実行委員会

WP SlimStat