Home arrow ニュース arrow 史実を守るメールニュース第20号
史実を守るメールニュース第20号
▼夏淑琴さんよりメッセージ
▼朱成山館長(侵華日軍南京屠殺遇難同胞紀念館)よりメッセージ
▼談臻弁護士(夏淑琴名誉毀損事件弁護団補佐人)よりメッセージ

史実を守るメールニュース第20号
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ●○●○  史実を守るメールニュース  ●○●○
        南 京 へ の 道 ・ 史 実 を 守 る 会
               第 20 号
                   2009年2月6日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
      ◇本ニュースの購読(無料)・解除の申し込み等は
                このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい  まで
      ◇公式サイト http://jijitu.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 内 容 】
※勝訴判決を受け、関係各位よりメッセージが届きました。

▼夏淑琴さんよりメッセージ
▼朱成山館長(侵華日軍南京屠殺遇難同胞紀念館)よりメッセージ
▼談臻弁護士(夏淑琴名誉毀損事件弁護団補佐人)よりメッセージ


--------------------------------------------------------------------------------

■ 夏淑琴さんよりメッセージ ■


私の裁判が最高裁で勝訴したと聞き、とても嬉しいです。70歳過ぎに裁判が始まり、
私はもう80歳です。私はいつも心配していました。夢にまでみるほどでした。自分
が生きているうちに最終的な結果が出るのだろうかと考えていました。本日、ついに
勝利しました。
私はここで、南京大屠殺紀念館の朱館長、談臻弁護士、呉明秀弁護士、日本の弁護団
に感謝を申し上げます。彼らは私の裁判のために多くの仕事をして下さりました。
私の、言われなき罪を洗い流すために、とても苦労したと思います。彼らはすごいです。

無実の人を陥れる日本の右翼を見事に撃墜し、私の潔白を証明しました。勝訴を迎え
た今も、私はやはりこう言いたいと思います。
私は偽の証人ではありません。私は南京大虐殺の生存者であり、真の歴史証人です。

 

--------------------------------------------------------------------------------

■ 朱成山館長(侵華日軍南京屠殺遇難同胞紀念館)よりメッセージ ■

 本日、皆さんよりお送り頂いた日本最高裁判所の夏淑琴名誉毀損裁判についての判決を
読みました。裁判が最終的な勝訴を得たことを知りました。私は侵華日軍南京屠殺遇難同
胞紀念館と南京大屠殺史会を代表して、皆様に心から祝福を申し上げ、また皆様が苦労を
惜しまず裁判にご尽力されてきましたことに心からの敬意を表します。
 夏淑琴名誉毀損裁判は、李秀英名誉毀損裁判に続く、南京大虐殺事件の被害者の名誉を
守る裁判でした。更に言えば、南京大虐殺の史実を守る裁判闘争でした。
 日本の東京地方裁判所、東京高等裁判所、最高裁判所が均しく公正な判決を下し、喜び
、安堵しました。この判決が、再度、南京大虐殺の歴史を否定することは許されないとい
うことを証明しました。
 夏淑琴さんの裁判の件では、皆様方は苦労を惜しまず南京へ来られ、聴き取りをされた
り、夏淑琴さんの訪日、出廷のために心血を注がれました。皆様の崇高な理念、正義、被
害者の権利を守るために尽力され、実際的な行動によって中日友好に貢献されたその行動
に、心より感謝申し上げます。歴史を直視し尊重してこそ、中日両国国民の相互信頼、民
族和解は堅固な基礎を築くことができ、共に平和な未来を構築できるのだと信じています

館長 朱成山
2009年2月6日


--------------------------------------------------------------------------------

■ 談臻弁護士(夏淑琴名誉毀損事件弁護団補佐人)よりメッセージ ■

 2月5日、日本の最高裁判所が夏淑琴名誉毀損裁判について最終決定を出し夏淑琴は勝
訴を獲得しました。この裁判の勝訴のために努力をされてきた日本の夏淑琴名誉毀損事件
弁護団、支援団体の皆様に、江蘇法徳永衡律師事務所一同、熱烈な祝福を申し上げます。
 夏淑琴名誉毀損東京裁判は夏淑琴名誉毀損南京裁判と同様、重要な現実的意義、歴史的
意義があります。このたびの勝訴は、法的側面から言えば、より一層、史実が守られるこ
とになりました。夏淑琴さんの名誉を守ったばかりでなく、亡くなった南京の30万の同
胞の魂にとっても慰めとなりました。政治的側面から言えば、このたびの勝訴は東中野修
道及び日本の右翼が南京大虐殺を否定し、歴史を改竄するといった行為に対する有力な反
駁、暴露です。
 このたびの勝訴は、中日双方の弁護団の協力が実を結んだ良き成功例です。
 私たちは共同努力によって、さまざまな障害を克服し、歴史に学び未来に向かい、正義
を貫いて平和を愛し、中日友好の発展に貢献できるものと信じています。

夏淑琴名誉毀損事件弁護団補佐人 
弁護士 談 臻


================================================================================

▼南京への道・史実を守る会メールニュース第20号
▼転送・転載大歓迎!
▼購読申し込みは、「メールニュース購読希望」と本文かタイトルに記し、
このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい までメールをお送りください。

最終更新日 ( 2009/02/07 土曜日 08:57:44 PST )
 
次へ >