Home arrow ニュース arrow 一審勝訴判決を受けての本多勝一さんのコメント
一審勝訴判決を受けての本多勝一さんのコメント

本日の勝訴判決は, まったく当然の結果にすぎない.

  1. 「百人斬り競争」が行われたことは, もともと歴史上の事実であって, 疑問の余地はなかった.
  2. 本来 歴史上のテーマに属することを裁判の対象とした 原告側の意図は, この事実を否定することで 南京大虐殺全体を否定し, さらには 日本の中国侵略そのものを否定しようとするものだった. その陰謀が破綻したことになる.
  3. この訴訟には感謝すべき一面もあった. 即ち 新しい事実や資料が出てきて, この歴史的事実が ますます確実に固められた点である.

 

最終更新日 ( 2008/06/17 火曜日 04:55:55 PDT )
 
< 前へ   次へ >