Home arrow ニュース arrow 7月27日 夏淑琴さん名誉毀損訴訟第7回(最終)口頭弁論 傍聴のお願い
7月27日 夏淑琴さん名誉毀損訴訟第7回(最終)口頭弁論 傍聴のお願い

南京への道・史実を守る会より、夏淑琴さん名誉毀損訴訟口頭弁論のお知らせです。 

==== 夏淑琴さん名誉毀損訴訟・第7回(最終)口頭弁論 ====
日時: 7月27日金曜日午後1時30分
場所: 東京地方裁判所 709号法廷(前回と同じ)
事件番号: 平成18年(ワ)第9972号 損害賠償等請求事件
*傍聴席40人分  30分ほど前から抽選券配布の見込み
(地図)

 

== 報告集会 ==
日時: 7月27日金曜日午後2時〜(会場予約時間は4時まで)
場所: 弁護士会館 508AB室
(地図)

  

この裁判は昨年6月の第1回公判以来6回の口頭弁論が行われましたが、27日は原告・被告双方が15分ずつの口頭弁論を行い、結審となります。判決は10月後半が11月になる見込みです。
前回(6月29日)は傍聴席40に対し抽選券の発行は22枚という、寂しい人数でした。27日は是非多くの方々に集まっていただきたいと願います。よろしければ報告集会にもご参加下さい。

  

1937年12月13日、南京市内に侵入してきた日本兵によって、夏淑琴さんは家族7人を殺害されました。当時南京在住のアメリカ人宣教師ジョン・マギーは事件の現場を調査し撮影フィルムとその解説文(英文)を残しています。
しかし亜細亜大学教授・東中野修道氏は著書の「『南京虐殺』の徹底検証」(展転社)の中で、マギーの解説文を恐らくは意図的に誤訳し、「生き残ったとされる『8歳の少女』は夏一家の娘とは思えない、すなわち夏淑琴さんはこの事件の生存者ではない」という主張を行いました。つまり夏さんは偽の証言者であると、記述したことになります。しかしこれは事実を無視した誹謗中傷に過ぎません。

  

被告側(東中野氏の弁護側)はこれまでいくつものの準備書面を提出し、前回公判の直前には東中野氏が本人陳述書をやっと提出しました。氏は多忙を理由に約3ヶ月もの締め切り期間を要求していたのです。
被告側はこれらの書面で、氏と同様の翻訳をしている書籍などを提示し、誤訳ではないと主張してきました。しかし氏の主張のように「夏淑琴さんは生き残った『8歳の少女』とは別人だ」と結論付けている書籍は存在しません。それに氏が引用している多くの資料を少し読み進めば、夏一家の5人姉妹の3番目の娘(夏淑琴さん)こそ、事件の生存者であることは明白です。

  

戦争犯罪の被害者・証言者の名誉を守り、歴史の事実を正しく伝えるためにも、この裁判に勝たなくてはなりません。その為にも一人でも多くの方々に集まっていただきたいのでよろしくお願います。
                                                                                                                           (事務局高橋)
 
※東中野氏の主張の問題点については、これらのサイトで詳しく論じられています。
南京大虐殺 論点と検証
http://wiki.livedoor.jp/kknanking/d/%c6%ee%b5%fe%c2%e7%b5%d4%bb%a6%a1%a1%cf%c0%c5%c0%a4%c8%b8%a1%be%da
夏淑琴さんは「ニセ証人」か?−東中野修道氏『SAPIO』論稿をめぐって−
http://www.geocities.jp/yu77799/nankin/kashukukinsapio.html
続・夏淑琴さんは「ニセ証人」か?−東中野修道氏『「南京虐殺」の徹底検証』を検証する−
http://www.geocities.jp/yu77799/nankin/tetteikenshou.html

 

最終更新日 ( 2008/06/17 火曜日 05:06:13 PDT )
 
< 前へ   次へ >