Home arrow ニュース arrow 史実を守るメールニュース第14号
史実を守るメールニュース第14号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ●○●○  史実を守るメールニュース  ●○●○
      南 京 へ の 道 ・ 史 実 を 守 る 会
               第 14 号
            2008年3月4日発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
       ◇本ニュースの購読(無料)・解除の申し込み等は
          このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい  まで
       ◇公式サイト http://jijitu.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 内 容 】史実を守る会会報第9号より

▼夏淑琴さん名誉毀損裁判 控訴期日決定!!

 

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■夏淑琴さん名誉毀損裁判 控訴期日決定!!■

◎3月17日 午後1時15分
  ◎東京高等裁判所824号法廷
   ※傍聴券が交付されますので、30分前までに裁判所前の傍聴券交付所に来て並んでくだ
    さい。
   ※12時頃から裁判所前にて宣伝活動を行います!

 昨年11月の第一審判決は夏さんの名誉の毀損と名誉感情の侵害を認める勝訴判決でし
 た。判決理由の中で東中野修道の著書は「論理に破綻を来たしている」「学問研究の成果
 というに値しない」と認定されました。
  この第一審判決に危機感を持った、東中野らを支援する右翼側は、最近、「支援する会
 」なるものを発足させ、集会などを行なっています。彼らは、西村修平ら街宣右翼を裁判
 当日に動員し、裁判所を威圧することでこの裁判を歪めることをねらっています。
  そのようなことを許さず、公正な判決を控訴審でも勝ち取るために、裁判の傍聴、およ
 び開廷前の裁判所前宣伝行動に是非ともご参加ください!
 一回結審の可能性が高く、この日が最後の口頭弁論ということになりそうです。
(つまり、夏淑琴さんの東中野修道らに対する裁判の審理を直接見ることのできる最後の
 機会ということになりそうです。これを見逃すと、もう後がありません。)

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

■ 控 訴 理 由 ■

 第一審で敗訴した東中野氏らの側は控訴しましたが、夏淑琴さんの側もさらにより良い
 判決を求めて控訴しました。夏淑琴さんの側の控訴理由の概要は次のとおりです。

1.原判決が公益目的を認めたことは不当であること
 原判決では、被告東中野は研究者・大学教授の地位にあることから、自己の見解を研究
 結果として公表することを目的として本件書籍を執筆したとされているが、南京大虐殺の
 歴史像については、ほぼ明らかになっていることからしても、研究結果を公表することが
 目的ではなく、南京大虐殺はまぼろしという政治的プロパガンダを行っているにすぎない。
 原告は、南京事件をまぼろしとする論者のためにいわば「スケープゴート」として名指
 しでニセ被害者とされたものであるから、本件書籍の記載は原告を誹謗中傷することを目
 的としたと同程度の悪質性が存在する。

2.本判決が被告東中野の悪質性を正当に評価していないこと
 「通常の研究者」であれば、犯すことなどあり得ない無理な英文解釈と論理破綻を被告
 東中野が本件書籍で行っていたことは認定していても、そのような不合理な解釈があった
 にも関わらずなお原告をニセ被害者扱いしたことの「悪質性」に関しては、判断において
 看過している。
  原告に対する損害賠償として原判決が認容した水準は、低きに過ぎるものと評価せざる
 をえない。

3.原告に生じた損害は350万円を優に超えること
 被告東中野らが原告に対する名誉棄損を行った動機・目的、本件書籍の内容が原告に対
 する個人攻撃的表現を含む不適切な表現であること、真実性が完全に欠如し、相当性につ
 いてもおよそ認められないというまったく根拠を欠いた名誉棄損として極めて悪質である
 こと、被告東中野が本件書籍の出版により得た利益が大きいこと、被告展転社の悪質性や
 原告が被った損害の程度が著しいなどの事情から、原告に生じた損害の額は、評価するこ
 とは容易でないほど重篤かつ甚大である。

4.本件判決が謝罪広告を認めなかったことは違法であること 
 原判決は、本件記述は一般大衆の目に触れる新聞、雑誌等の媒体に掲載されたものでは
 ないし、その内容からして客観的な影響力は重大なものではないとして、多くの国民の間
 において原告の社会的評価を相当程度に低下させたとまでは認められず、今後そのような
 具体的危険も認められないとしたが、加害者の情報伝達が払拭されたとは到底いえず、現
 状回復が必要である。被告東中野の影響力は極めて大きい一方で原告からの働きかけによ
 って現状回復を行うことは困難であるという点からすれば、被告展転社が本件書籍の出版
 を中止するとは思われない以上、最低限国内の全国紙に対する謝罪広告を認めなければ、
 原告の名誉を真に回復させることは極めて困難であると言わざるをえない。被告らは今後
 も本件書籍を出版し続けることから損害は拡大している。被告らのこのような悪質性を鑑
 みれば、将来にわたって名誉が毀損される具体的危険が存在するというほかなく、原判決
 は誤っている。

========================================

 

▼南京への道・史実を守る会メールニュース第14号
▼転送・転載大歓迎!
▼購読申し込みは、「メールニュース購読希望」と本文かタイトルに記し、
     このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい までメールをお送りください。

 

最終更新日 ( 2008/06/17 火曜日 02:10:11 PDT )
 
< 前へ   次へ >