Home arrow ニュース arrow 史実を守るメールニュース第3号
史実を守るメールニュース第3号

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ●○●○  史実を守るメールニュース  ●○●○

  南 京 へ の 道 ・ 史 実 を 守 る 会

          第 3 号

        2006年5月10日発行

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◇本ニュースの購読(無料)・解除の申し込み等は
   このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい まで
  ◇公式サイト http://jijitu.com/
  ◇入会・賛同 http://t-t-japan.com/~honkatsu_suport/cgi-bin/signature/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 内 容 】

▼ 7月1日、夏淑琴さん証言集会を開きます!
▼ 5月20日、「歴史問題ネットワーカーと反小泉・護憲運
  動ブロガーの集い」を開催します!

 

=======================================

           —— 速 報 ! ——

▼ 7月1日、夏淑琴さん証言集会を開きます! ▼

   南京事件の被害者として、自分を「ニセ証言者」呼ばわりし
 た右翼「学者」の東中野修道を名誉毀損で提訴した夏淑琴さ
 んが、6月30日の第一回法廷に出席するため、来日します。

  史実を守る会では、来日した夏さんの証言を多くの方に
 聞いてもらうための機会を設けるため、証言集会を開催す
 ることとしました。

  日時は7月1日(土)午後2時から開催します。ただいま
 会場などの詳細については検討中です。詳細は決まり次
 第、メールニュースなどで告知しますので、ぜひ、一人でも
 多くの方が参加してくださるよう、お願いいたします。

===============================================

   ▼▼ 歴史問題ネットワーカーと
        反小泉・護憲運動ブロガーの集い。▼▼

   栗原利一氏は、かつて日本軍兵士として南京大虐殺に
 おける幕府山捕虜大量虐殺を目撃し、戦後、貴重な証言
 を行なっています。史実を守る会では、栗原氏の当時の
 戦闘記録やスケッチなどの資料のマイクロフィル化、およ
 びCD化を記念し、その発表会を兼ねた「歴史問題ネット
 ワーカーと反小泉・護憲運動ブロガーの集い」を、ジャー
 ナリストの本多勝一氏を招いて開催します。

  この集いへの参加者を、広く護憲運動・平和運動関係の
 ネットワーカーにも求めます。

  護憲・平和運動関係のネットワーカーには、ブロガーとし
 て活躍されている方々が少なくありません。最近の平和・
 護憲ブログの多くは、団体ではなく個人が中心です。その
 なかには少なからず、歴史問題などに「中立」を保つこと
 で、保守も含めた広い護憲運動を展開しようとする方もい
 らっしゃいます。

  しかし、歴史認識の問題は、現代の右傾化と改憲の動
 きと切り離せない、まさに根本的な問題といえるのではな
 いでしょうか。

  そのことを今回、ジャーナリストの本多勝一氏や栗原氏
 のご子息である核心氏(ハンドル名)、史実を守る会の歴
 史問題ネットワーカーとともに考えてみませんか。

  開催日程及びプログラムは以下の通りです。
 多数の方の参加をお待ちしてます。m(_ _)m

○開催日: 5月20日(土曜日)

○場所: 新宿駅周辺
(会場は申し込みされた方に連絡します)

○参加費:〜3500円
(会場費を参加者の人数で割り勘しますので、参加者が多く
    なればなるほど安くなります)

○プログラム(午後2:15〜午後5:00)

1、開会挨拶
  2、百人斬り競争裁判の経過説明
  3、挨拶:本多勝一氏
  4、南京大虐殺と幕府山捕虜虐殺
  5、南京事件と栗原家の戦後(栗原利一氏ご子息)
  6、栗原資料の歴史学的評価について
  7、質疑応答・懇談会

○二次会:午後5:30〜
 →新宿周辺の居酒屋を予定してます。飲み放題で
  一人2000円から3000円でいけるでしょう。楽しくにぎや
  かに親交を深めましょう(^.^)

○備考
     今回発表される栗原資料のマイクロフィルム版および
     CD版を実費のみで配布します。
 ・マイクロフィルム版: 5,000円
 ・CD版: 2,000円

○参加申し込み・連絡先
 南京への道・史実を守る会
 担当:とほほ(平志朗)
 tel: 082-889-0353
 mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい

 下記事項を担当まで電話・FAX又はメールでご連絡くださ
 い。追って担当より会場をご案内します。

・氏名(ハンドル名でも結構です)
  ・電話番号
(史実を守る会が今回取得する個人情報はその目的以外に
    使用されることはなく厳重に保護されます)
  ・メールアドレス(お持ちでない方は電話かFAXだけでも結構です)

  申し込みをしたにも関わらず24時間以内に当方より連絡の
 ない場合は とほほ まで電話をお願いします。 

======================

▼南京への道・史実を守る会メールニュース第一号
  ▼転送・転載大歓迎!
  ▼購読・解除の申し込みは、「メールニュース購読希望」と本文
     かタイトルに記し、 このメールアドレスはスパムボットから保護されています。観覧するにはJavaScriptを有効にして下さい までメールを
    お送りください。

最終更新日 ( 2008/06/14 土曜日 01:36:23 PDT )
 
< 前へ   次へ >